TOP

新宿風俗ライフのブログです

新宿風俗の歴史

新宿は、渋谷、池袋と並んで日本を代表する3大繁華街の一つとして知られています。江戸時代には甲州道中の宿駅・内藤新宿として栄えました。1965年には淀橋浄水場が閉鎖されたことがきっかけで新宿副都心の開発がスタート。次々に超高層ビルが立ち並び始め、現在のようなオフィス街へと発展しました。また百貨店やファッションビル、映画館などの商業施設も続々と営業をはじめ、現在では日本からはもちろん海外からも多くの人が立ち寄る繁華街となっています。たくさんの人が集まる新宿ですから、もちろん風俗業界の人達だって黙ってはいません。ソープランドやファッションヘルスのような店舗型ヘルスが新宿に次々にオープン。またラブホテルも多く建設されたため、派遣型風俗のデリヘルも豊富。「新宿に行けば、必ず自分好みの風俗店が見つかる」と言っても過言ではありません。新宿・歌舞伎町は今では日本を代表する繁華街、そして風俗街として有名です。あなたもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?利用する際はぜひ【http://fuzoku.jp/kantou/area2001_1.html】でお店探しをしてくださいね!

新宿風俗の歴史2

今や東京だけでなく、全国を代表する歓楽街・風俗街となった新宿の歌舞伎町。このエリアの中には風俗店やラブホテルはもちろん、大人の男性が喜ぶ娯楽施設が目白押しです。漫画喫茶や居酒屋を始めとする飲食店、カラオケ、パチンコ店、ゲームセンターキャバクラなどが並び、「眠らない街」として有名ですね。この新宿の歓楽街は戦後になってからできたことはご存じでしょうか。新宿・歌舞伎町エリアは戦前は大臣や軍人の邸宅などが広がる住宅街でした。それが第二次世界大戦で焼け野原になってしまった結果、新しい街「歌舞伎町」として生まれ変わったのです。1960年代半ば頃には飲食店や映画館、ボウリング場、そしてラブホテルや当時「トルコ風呂」と呼ばれたソープランドなどができ始め、現在の雰囲気に近くなりました。新宿が「夜の街」として有名になると、風俗店経営者は「営業するならぜひ新宿で!」と思うようになりますよね。次第に風俗店が増えていった経緯はここです。そうして、現在では日本でも随一とも言えるほど風俗店が多い街になったのです。新宿では店舗型風俗店、派遣型風俗店ともに元気です。風俗好きならぜひ一度は訪れましょう!